濡れない原因はたくさん|治し方・対策もたくさんあります

濡れないを治す方法はいろいろありますよ!

濡れないことでお悩みではありませんか?

 

このサイトでは、濡れない原因から治し方や改善方法をご提案するサイトです。

 

悩みを解消して毎日不安なく過ごせるような情報をお届けしますね!

 

濡れないで悩んでいる女性は多い

濡れないで悩んでいる女性は結構おられます。

 

3割くらいの方は、「実際に濡れにくい」という実感があり、7割くらいの方が「濡れにくい、もしくはそうかもしれない」と思っています。

 

濡れるということは、その日の疲労具合やストレスにも関係します。

 

濡れないということはショックですが、「あなたが悪い!」ということは全くありません。

 


 

でも、濡れないといろんな悩みが出てきますよね?

 

  • セックスの際に痛い
  • パートナーに申し訳ない
  • 不安やストレスになる
  • 妊娠しにくくなる

 

これだけ見ると暗いイメージですが、大丈夫です!

 

原因と解決方法はいろいろある!

ここまで世の女性を困らせているものなのに、治し方はあんまり見当たりません

 

人に言いにくいことだとは思うのですが、それにしても治し方の情報がないんです。

 

原因がはっきりわかっていない

治し方の情報がなかなか見当たらないのは理由があります。

 

というのもはっきりとした原因がわかってないんです。

 

それもそのはずで、もともと水分を排出しにくいような体質だったりホルモン・加齢影響という身体的なものだったり、不安からくる精神的なものだったりと原因がたくさんあって、「これをすれば治る!」と言えるものがないんです。

 

改善方法はたくさんある

でも、安心してください!

 

「これさえしていれば治る!」というものはないのですが、改善方法はたくさんあるんです。

 

食生活の見直しや生活習慣の改善などの根本療法、エストロゲンなどのホルモンを補給する方法や、潤滑ゼリーを使うなどの対症療法などなど!

 

痛みや不安、妊娠の悩みも改善・解決できるんです。

 

 

潤滑ゼリー

リュイール ウェットトラストゴールド KYジェリー

女性の声から生まれたリュイール

根強い人気!病院でも使用されるウェットトラスト!

世界で使われるKYジェリー

 

媚薬

チョコレートラブDX プロベストラ

チョコレート成分+オキシトシン

じっくり感じる体質に改善!プロベストラ!

 

女性ホルモン剤

プレモン マレフェ

PMS、更年期障害に!プレモン

プロゲステロンのホルモン剤!マレフェ

 

 

 

今まで、「どうしよう!私ってダメなのかも・・・」と思ってしまっていても、ただ改善方法を知らなかっただけかもしれません。

 

改善方法があるとわかると気が楽になりませんか?

 

あなたは悪くないのに、ちょっとしたことで濡れないことは起きてしまうんです。

 

なので、いろんな原因の中から、「あっ!これかも!?」と思えるものを見つけて、その改善方法を試してみませんか?

 

まずはじめに

濡れない改善をするためにまず知っておくべきは、「あなたは悪くない」ということです。

 

 

自分が悪いと思うのをやめよう|濡れないことの注意点

 

濡れないということは、ちょっとした身体の状態の変化や精神の状態によって誰にでも起こります。

 

「濡れないとパートナーに申し訳ない・・・」

 

そう思える優しいあなたが「濡れないこと」で自分の人間性を否定するのは間違っています。

 

なので、濡れないことを「必要以上に重くとらえないこと。

 

これはこれから改善するにあたって忘れないでくださいね!

 

対症療法と根本治療

濡れないことが体質や精神的なものだとしても、多くの方は改善します。

 

ですが、ある程度の期間が必要になります。

 

その間にパートナーとエッチするときはどうするの!?」と思った方はこう考えてください。

 

濡れないことを改善するためには2つのフェーズで考えましょう。

 

直近のエッチを満足してできるよう対症療法をしながら、体質や精神的負担を取り除く根本治療を行うという具合です。

 

対症療法には

対症療法というと、なんだか重々しく感じますが、簡単にいうと「濡れないときでもエッチを楽しむ方法」を持っておこうという意味です。

 

 

一番オーソドックスなのは潤滑ゼリーを使用する方法です。

 

使いどころが難しいと思われる方もおられるかもしれませんが、最近の潤滑ゼリーはコンパクトに持ち運べ、エッチの前のシャワーのシーンだけでも使用でき、パートナーにもばれにくいものが増えています。

 

根本治療には

対症療法として潤滑ゼリーを使ってエッチを楽しみながら、潤滑ゼリーを使わなくてもいい状態に持っていくのが根本治療です。

 

 

別に潤滑ゼリーを使うのが悪いということでもありませんが、お金もかかりますからね。

 

根本治療には生活習慣の改善食生活の見直しストレッチ筋トレでの体質改善、バルトリン腺炎などの症状を治療すること、精神的な負担の緩和などがあります。

 

これはきちんと原因を知って、その対策・治療が必要になりますからある程度の時間が必要になるでしょう。

 

でも大丈夫!

 

あなたの力になってくれる人やアイテムはたくさんありますよ!

 

濡れない原因について

体質によるもの

汗をかきにくい人がいるように、濡れないことも体質に関係しています。

 

疲れやすい体質やストレスをためやすい体質も濡れにくい体質と言えるでしょう。

 

ほかにもバルトリン腺炎スキーン腺炎のように分泌液が出る腺が詰まってしまうことやシェーグレン症候群やドライバジャイナ・膣乾燥症など粘液が出にくくなっているものなどがあります。

 

この時に重要なのはきちんとその特徴を理解して、自分と比べることです。

 

腺がつまっているのに、ホルモン剤を飲むという風に間違った治療をしても濡れないことは治らないかもしれませんからね。

 

その症状の特徴や画像でも説明していますので、詳細ページからチェックしてみてください。

 

体質についてはこちらから

 

また体質が原因で精神的にも濡れないようになってしまうこともあります。

 

濡れないことはいろんな要素が絡まっていることがあることも知っておいてくださいね!

 

治療について

体質が原因で濡れない方は、その体質改善をしていくといいですよ!

 

疲れやすい、ストレスをためやすい方は睡眠をしっかり確保する生活習慣の改善食生活の改善でもグッと効果があるでしょう。

 

ドライバジャイナ・膣乾燥症などは女性ホルモンのエストロゲンが減少して起こるものとされているので、エストロゲンの補充療法などで改善ができます。これは自宅でもできることです。

 

プレモン|自宅で購入できるエストロゲンの女性ホルモン剤

 

ただ「物理的に腺が詰まっている」という状態など病院で医師による診察や施術が必要なものもあります。

 

いずれにしろ自分がどういった状態なのかを調べるなり、医師に相談するなりで詳しく知ることから始めましょう。

 

精神的なもの

濡れないことは精神的な面も深く関係しています。

 

体質のところでもありましたが、疲労やストレスが身体に及ぼす面もありますが、一番は精神面にきますよね!

 

「ハァ・・・」とため息ついているのに、ヌレヌレになるのもイメージしにくいと思います。

 

また疲れやストレスがたまるとマイナス思考になりやすく、一度濡れないと「私はダメだぁ〜」となって負のスパイラルに入り込んでいきます。

 

そうなるといろんな要因が絡んだ濡れない体質になるので、一番は「気にしない」という精神論のようになってしまいます。

 

さらに、精神からくる濡れないというものに男女両方の理解不足というのもあります。

 

詳しい説明は詳細ページにしていますが、濡れることと感じていることは違います。

 

濡れることを感じていることのバロメーターとしている男性もいますから、コミュニケーションミスが起きやすいところでもありますので、きちんとした知識を身につけてパートナーと共有しておくこともとても重要ですよ!

 

感じない≠濡れない|精神と濡れることの関係

 

治療について

精神面の治療は、専門的になるとカウンセリングのような手法になります。

 

それくらい難しいものですが、一般の方ができるものの基本は「悪いイメージの解消」です。

 

エッチで痛かったり、怖いなどのマイナスイメージをなくすというのが一番の方法になるでしょう。

 

例えば、濡れることへの知識を知っておくのはもちろん、潤滑ゼリーなどで慣れたり、一人エッチで気持いいところを探してみるのもひとつの手です。

 

また、この悩みを話せる人を見つけるのも大きな助けとなるでしょう。

 

年齢によるもの

濡れるという現象は、身体からすれば「子どもを産むための準備」です。

 

なので、年齢を重ねて妊娠ができにくくなればどうしても濡れにくくなる傾向にあります。

 

もちろん個人差があり、「アラフォー、アラフィフだけど濡れるよ!」という方もおられます。

 

年齢による濡れないは、女性ホルモンが大きく関係していることがあります。

 

更年期障害に見られるように女性ホルモンの変化が起こり閉経となれば濡れにくくなります。

 

他にも、エッチがマンネリ気味で性的な興奮が少ないというのも要因の一つにあげられます。

 

濡れないことと年齢の関係|更年期や老化時の仕組み

治療について

年齢による濡れない改善は、ホルモン補充療法を合わせてみてみることをオススメします。

 

女性には代表的な女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、この二つのバランスにより月経が起こります。

 

そして更年期障害やPMSはこの女性ホルモンが不足していることによって起こります。

 

なので、更年期障害やPMSの際に処方されるのが女性ホルモン剤です。

 

濡れない+更年期障害で大変という方は、病院で診察を受けるか、プレモンなどのジェネリック医薬品で女性ホルモンを補充してみる治療を視野に入れるといいでしょう。

 

マンネリ・性的興奮がない

「もう夫とのエッチもマンネリで興奮しない・・・」という方もおられるでしょう。

 

そういった方は、ちょっといつもと違うエッチをする工夫をしてみることをオススメします。

 

大人のおもちゃでもいいですし、アロマでもいいですし、媚薬によって性的興奮を感じやすい体質になるよう試してみるのも効果的です。

 

もちろん、直近のエッチで「濡れないから痛い」という方は潤滑ゼリーを使用する方も多くおられますから口コミ情報などを参考にしてみてくださいね。

 

時期によるもの

濡れないことは時期によっても起こりえます。

 

わかりやすい例でいうと「出産後」です。

 

妊娠から出産の間は新しい命がお腹に宿るのですから、お腹が大きくなるなど身体の変化はもちろん、女性ホルモンにも大きな変化があります。

 

脳からのメッセージとしては、「妊娠はもういいから出産のための準備をしてね!」ということですから、濡れるためのエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンは抑制されていきます。

 

それと変わるように母乳に関係するホルモンが出てきたりもします。

 

さて、無事出産を終えると身体ももとに戻っていき、濡れるようになっていきますが、その時に「出産後で濡れない!」と感じられる方がおられます。

 

詳細はこちらのページから確認して頂きたいのですが、みなさん産後にエッチを再開するのは約8か月後なので、その間濡れにくくなっているとも言えます。

 

濡れない時期|出産後など

 

もし、出産後身体の負担がなくなってエッチをしようと考え濡れないのであれば、それは身体の準備がまだ整っていないだけかもしれません。

 

焦るのではなく、「まだ出産用の身体なのね!」と理解できることは精神的にも楽になりますから、知っておくだけでだいぶ違うのが時期によるものです。

 

治療について|対策

時期による濡れないものは治療というよりも、身体の準備が整うのを待つということになるでしょう。

 

個人差があるところなので、なんとも言えませんが、8か月くらいは濡れにくくなることはよくあることと知っておくのが一番でしょう。

 

その場しのぎの措置として、リュイールウェットトラストゴールドKYゼリーなどの潤滑ゼリーを使う方もおられます。

 

何より、一番は焦らないということです。

 

変に焦って、「私の身体がやばい!」と思うと濡れない原因が増えちゃうことにも繋がります。

 

医薬品によるもの

医薬品によっては、その効果によって濡れないということが起きやすくなります。

 

例えば、風邪薬や花粉症用の鼻炎薬などはその可能性があるでしょう。

 

これらの医薬品には抗ヒスタミンというものが含まれていて、それが原因ではないかと言われています。

 

考えてみれば当たり前で、抗ヒスタミンは風邪や花粉症の時の鼻水を抑えるのに配合されています。

 

そうするとどうしても喉が渇くなどの副作用が出てきます。

 

これは分泌を抑えるうえである程度仕方のないことです。

 

その一環で濡れないということも十分起こります。

 

花粉症薬など濡れない医薬品がある

 

治療について|対策

医薬品による濡れないを治療するというのもおかしな話です。

 

「風邪薬や鼻炎薬を飲まない」というのも一つの手ですが、風邪や花粉症がつらいのにそれを我慢してまでエッチのためを思っても、体調が悪いときはエッチを諦めてほしいものです。

 

なので、この場合は「医薬品によっては濡れなくなることがある!」ということをしっかり理解しておくのが重要でしょう。

 

なぜなら、医薬品が原因なのに、濡れないことで精神的に自分を責めてエッチが嫌になってしまってはいけません。

 

知っておくことで、「あ!医薬品のせいだよね!」と理由づけもできますし、気にしなくなるテクニックでもあります。

 

医薬品の効果が次の日も残っていることもあるので、注意してくださいね。

 

濡れないときの対策・治し方

これまで濡れない原因を見てきました。

 

体質や精神的なものから年齢や時期などがありました。

 

もしかしたら!」と思い当たるものがあった方も多いのではないでしょうか?

 

でも、濡れないことって女性という生き物と同じように複雑なものでもあります。

 

いろんな原因が混ざっていることがあるんです。

 

例えば、医薬品を飲んだから濡れないのに、濡れなかったことでショックを受けてエッチに恐怖心を抱えたまま、関係のない対策をしていると言ったことが起こってしまうのです。

 

このサイトではいろいろな原因や対策についての情報がありますが、やっぱり一番は気にしすぎず、毎日元気に過ごすことです。

 

それがもととなって改善の糸口が見えてくることは往々にしてあるので本当に重要なところですよ!

 

ただ気にしないというのも難しいという方は必ずおられます。

 

いきなり気にしないということができるほど精神的に強い方もなかなかいないでしょう。

 

そんな方は心のお守りを持っておくといいでしょう。

 

それがもしもの時に助けになってくれるものです。

 

ここで言うお守りは、「これを使えば大丈夫!」と思えるアイテムです。

 

その中でポピュラーなものを挙げると、潤滑ゼリーです。

 

「濡れなくても、エッチの前の仕込んでおけば痛くないし、彼も喜んでくれる!」

 

そう思えるものがあると心はグッと楽になりますよ!

 

他にも「今は濡れないけど、これを試していけば濡れるようになれるかも!」と思えるものを知っておくと気持ちが前向きになります。

 

体質改善のストレッチや筋トレをしたり、プロベストラなどの媚薬ラブグッズで感じやすくなる努力をしてみるのは、濡れない悩みを抱えていなくてもやってみる価値のあること。

 

濡れない対策は単純に今の悩みを解決はもちろん、これからも生活のクオリティアップのいいチャンスでもあります。

 

潤滑ゼリーについて

潤滑ゼリーは他に潤滑剤、潤滑ジェル、潤滑ローションとも言われますが、基本的に同じものを言います。

 

女性器(俗称:マンコ)にぬるぬるした安全性の高い粘液を塗って、挿入時の痛みを軽減します。

 

これはいろんな濡れない女性に愛用されていて、セックスが痛いということをなくし、安心して楽しむことができるようになります。

 

産後といった濡れない時期にも使えます。

 

痛みを軽減する例として、あんまりいい例でないかもしれませんが、挿入まである風俗のお店で働く女性も潤滑ゼリーを使って身体の負担を軽減していることもありますから、それだけ効果は抜群ということが言えるでしょう。

 

「えっ!潤滑ゼリーなんて恥ずかしくて使えない!」「どんなタイミングで使えばいいの?」って思う方もおられると思います。

 

別に男性の前で堂々と塗る必要はありません。

 

エッチの前のシャワーの際に塗っておけるほどコンパクト男性もわからないような作りになっています。

 

実際に使ってみた感想は口コミ情報を参考にして頂きたいですし、男性側も正直に打ち明ければ「OK」という方がほとんどですし、気持ちもいいと評判がいいようです。

 

男性としても、女性に気持ちよくなってほしいので、潤滑ゼリーで濡れない彼女が気持よくなってくれるのはうれしいそうですよ!

 

また潤滑ゼリーを持っておくと、「まぁ濡れなくても潤滑ゼリーを使えばいいか!」と心の余裕もできます。

 

手軽にできる濡れない対策としておすすめですよ!

 

有名な潤滑ゼリー

リュイール 女性目線で作られた潤滑ゼリー
ウェットトラストゴールド 医療現場でも使われる潤滑ゼリー
KYゼリー 世界的に人気の潤滑ゼリー

 

このほかに妊娠を助ける潤滑ゼリーもあります。

 

フーナーサポート潤滑ゼリー


トップページ 原因を調べる 濡れないときの対策